スポンサードリンク

2014年10月13日

大きなお世話の【勝手にサポートメール】第17号

ゆずです。

新しくなった
公立高校合格必勝パックを購入しました。

10月12日 サポートメール第17号が届きましたので
こちらのブログでメール内容を紹介していきます。

なおメール内容の転載については
娘のために教材を購入した際にサポートメールの内容が
とても素晴しかったので、ぜひとも紹介したいということで
2012年12月1日に教材販売元の責任者 石田様より許可を頂いて
ご紹介しています。

「公立高校合格必勝パック」は開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

宇都宮市内は2学期制なので、今は秋休み中です。


私の教室では、当然のように「秋期講習」を実施しています。


・・・・・と、いってもやることはいつもと同じ


1時〜10時30分まで、黙々と自立学習です。



そうそう、昨日は英検がありました!


宇都宮校の中3生は1人を除いて、


私が強制的に3級を申し込ませていたのですが、


昨日、試験終了後に自己採点をしたところ、


かろうじて、受験者全員1次試験はクリアできそうです。



生徒の中には、8月に英語の偏差値40で入塾した子も3人います。


彼らも、 なんとか41点、42点をとれていたので、


おそらくいけると思います。



何をやったのか・・・・というと・・・・・


ひたすら「英語のまとめ333」+「熟語演習帳」です!



夏休みから始めているので、


ほとんどの子が5周目以上、多い子は10周目に突入しています。





さすがに、英語が苦手な子は333はレベル3までしかやらせていませんが、


それでも、ほとんど日本語→英文が書けるようになってきました。



また、リスニングの対策として、28日完成のリスニングを行っていたので、


みんなリスニングは9割以上できていました。


マジにびっくりしてしまいました・・・・!!



「英検対策」として特別にやったことといえば、


1週間前から過去問を3回分、解いただけです。



さすがに1回目は慣れていないので、


平均39点でしたが、3回目になると


平均が49点・・・・・・・・・と、一気に10点上がってました。





英検全員合格で、盛り上がった状態での秋期講習なので、


みんなやる気満々で黙々と、必勝パックを繰り返しています。





ただ、この時期になると、


さすがに、宇都宮高校(偏差値70)を受験する2名だけは、


必勝パックを卒業して、「全国高校入試問題集」を始めています。





さて、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


超ながーーーい前置き(+自慢話)になりましたが、


今日の本題は、


「超短期間でプラス5点アップする方法」

です。



ちょっと大げさな表現ですが、


別に難しいことではありません。



「一番よくするミスを事前にチェックして注意としてまとめる」


ただこれだけです。




授業を一切やめて、完全自立学習にしてから、


私は毎日、教室の一番前に座って、仕事をしながら、

生徒の自立学習の監督をしています。




定期的に、生徒の学習の様子を観察して、


気づいたことを注意するのですが、


ふと気がつくと・・・・・・・・・・・・・・・・・、


同じ生徒に、1週間のうち何度も何度も同じ内容を注意している・・・、


のです。



つまり、


「人によって間違うところはほとんど同じ」

ということです。




人が変わっても、学年が変わっても同じです。


ということは、

「よく間違うところに注意して、毎回チェックさせる」

だけで成績は一瞬で上がる・・・ということです。




例えば「数学」では、

よくあるのが「符号の書き忘れ」です。


途中の計算には、しっかりと「−」が書いてあるのに、


解答欄には書いてなかったり、


または、途中計算の2行目までは書いてあるのに、


3行目から突然消えてしまったりします。



−(マイナス)を書き忘れるたびに、点数が2〜10点損をしています。


そこで、何かあるたびに

 「符号は大丈夫?」

 「符号の書き忘れはない?」

と本人にチェックさせます。



授業中(=自習中)は、生徒の横に立って、


「符号は大丈夫?」

「符号は大丈夫?」

「符号は大丈夫?」

と、いちいちしつこくチェックさせます。



すると、だんだん生徒も、問題を解き終わった後は


必ず途中計算から符号を見直すようになり、


「それだけで点数は5点〜10点アップします。」



また、英語の時も同様です。

いつも同じ生徒が、

3単現のsを付け忘れたり、

「〜でした」なのに、過去形にしなかったり・・・・

同じミスを繰り返します。


そのような子にも、


しつこいくらい


「現在だっけ過去だっけ?」


「現在だっけ過去だっけ?」


「現在だっけ過去だっけ?」


というように、


いちいち1問解くごとに注意していくと、


自然と、英文を書いた後に、時制を確認するようになります。



ようは、根比べですね。


ただ・・・・、3日〜5日くらい何回も注意していくと、

自然と生徒自身が自分で問題を解いた後にチェックするようになります。

そうすると点数が上がるということを実感するからです。

もっとも手っ取り早い点数の上げ方ですよね。


できれば、おうちの方のご協力があった方がいいのですが、

もちろん、生徒さん自身でもミスの撲滅はできます。



1.テストや問題集をやったあとどんなミスが多いのか調べて、


  簡単に箇条書きで書いておく。


  例)・英語で「?」をつけ忘れた。


    ・理科で小数のかけ算を間違えた。


    ・数学で移項するときに、符号を変え忘れた。


2.何枚かたまったら、じっくり見直す。


  おそらく、同じようなミスが多いことに気づくはずです。


  自分の「ミスしやすいこと」がわかったら、


  それをリストアップして紙に書いて、筆箱の中に入れておく。



3.問題を解くときには、必ずその紙を見えるところに置いておく。


  そして、1問解くごとに、必ずその紙に書いてあるようなミスをしていないかを


  チェックするようにする。


  (学校のテストの時は不正行為と間違われるからダメだよ。)



4.2週間くらい頑張って続けてみよう!


  自然と、チェックする習慣がついてくるのと同時に、


  ミスが確実に減ってきます。



実際に、私の教室の生徒は最近ほとんど同じようなミスをしなくなりました。

ミスを減らせば5点くらいは得点アップできます。


1科目5点分かも知れませんが、5科目では25点分のアップですから、


結構なものだと思います。

ぜひ、お試しあれ!

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?
今回のサポートメール。

自分がやってしまいがちなミスを
しっかりと認識していますか?

意外と
ケアレスミスの一言で片付けていないでしょうか?

しっかりと自分がおこしやすいミスを
認識したうえで同じミスをしないような訓練をしないと
本番できっと同じミスをしてしまうでしょう。

今回のサポートメールを読んで
その辺のことについていま一度ミスに対しての
取り組みを考えてみるといいかもしれませんね。

我が家もしっかりと
ミスに対する対策を考えていこうと思います。

基礎基本の徹底復習にピッタリ
公立高校合格必勝パック


勉強に必要な栄養素足りてますか?
学習栄養サプリ【ラーニングアップ】




posted by ゆず at 22:49| Comment(0) | 開倫塾サポートメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

大きなお世話の【勝手にサポートメール】第16号

ゆずです。

新しくなった
公立高校合格必勝パックを購入しました。

10月04日 サポートメール第16号が届きましたので
こちらのブログでメール内容を紹介していきます。

なおメール内容の転載については
娘のために教材を購入した際にサポートメールの内容が
とても素晴しかったので、ぜひとも紹介したいということで
2012年12月1日に教材販売元の責任者 石田様より許可を頂いて
ご紹介しています。

「公立高校合格必勝パック」は開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

栃木県の県立高校入試の数学では、

毎年「作図」が出題されます。

もう、30年くらいずーーーと出題されてますので、

間違いなく、次の入試でも出題されるはずです。


従って、栃木県最大の模擬テストである

「下野模試」でも作図が出題されます。


配点は3点〜4点となっています。

みんな、この3点〜4点のために、

コンパス・三角定規を持参して入試に臨むわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が、

宇都宮校や、足利校の生徒に

下野模試の過去問をやらせてみても、

なかなか作図ができないんですよね。


たかだか3点〜4点ということで、

間違えたとしても本格的に「勉強し直そう」、

という気持ちにならないのでしょうか?


たしかに、作図を完璧にできるようにするには、

それなりの時間がかかります。

しかも、どんな作図が出るかは、

3月5日(栃木県立高校入試の日です)になってみないと

わからないわけですからね。

生徒達がなかなか手をつけないのもわかります。


先日生徒に、

「なんで作図の復習しないの?」

「絶対に出るってわかってるのに、練習しないのっておかしくない?」

と、聞いたのですが、


「だって・・・どこから手をつけたらいいのかわからないんですう・・。」

といわれてしまいました。


どうやら、他の子供達も同じような理由だったようです。

それじゃあ一発、「作ったろかい!」

ということで、

「作図練習プリント」を作りました。


あくまでも、私の生徒用に作ったので、

栃木県の出題に準拠しています。


入試に作図が出題されない方にとっては、

まさに無用の長物!!ですね。


PDFファイルにして、会員専用サイトにアップしておきましたので、

もし、あなたの都道府県入試で、

作図が出題される場合は、

練習用に使ってみてください。

いちおう、解答もわかりやすくしたつもりです。

こちらからどうぞ・・・・。

  ↓  ↓  ↓

(教材購入者にはリンク先が書かれています。)

プリントアウトしてご利用ください。

KAIRIN予備校 石田晴康

P.S.

現在、計算ミス撲滅用のプリントを作成中です。

できあがったら、会員サイトにアップしますね。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?
今回のサポートメール。

開倫塾の公立高校合格必勝パック購入者は
このように教材購入後も色々とフォロー教材が提供されます。

これは開倫塾グループに通うリアル塾生も同じ教材を使い
尚且つ受験に向けて頑張っている塾生の問題点を観察して
弱点などを克服させるために作った教材をこのようにして
会員専用サイトにアップしてくれます。

今回の作図も
千葉県では必ず出る問題なのでしっかりと
活用させていただきます。

基礎基本の徹底復習にピッタリ
公立高校合格必勝パック

勉強に必要な栄養素足りてますか?
学習栄養サプリ【ラーニングアップ】

posted by ゆず at 08:06| Comment(0) | 開倫塾サポートメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

大きなお世話の【勝手にサポートメール】第15号

ゆずです。

新しくなった
公立高校合格必勝パックを購入しました。

9月25日 サポートメール第15号が届きましたので
こちらのブログでメール内容を紹介していきます。

なおメール内容の転載については
娘のために教材を購入した際にサポートメールの内容が
とても素晴しかったので、ぜひとも紹介したいということで
2012年12月1日に教材販売元の責任者 石田様より許可を頂いて
ご紹介しています。

「公立高校合格必勝パック」は開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

前回は、成功事例を紹介しましたが、

今回は、

塾生46名中、ただひとり偏差値が下がってしまった男の子について、

その原因について考察していきたいと思います。

その子は、他の塾生と同様に夏休み期間中、

毎日10時間の必勝パックを40日間実施しています。

性格も悪い子ではなく、

途中で手抜きをすることもなく、

ちゃんと私の指示どおり、理科社会などは4回繰り返しています。


彼の結果ですが、

6月 257点  偏差値 49.4

8月 254点  偏差値 49.2

得点−3点 偏差値−0.2ポイント

という状況です。

前回も書きましたが、

46名で平均偏差値が+6なので、

ほとんどの子が偏差値3以上のアップ

7名が偏差値10以上アップしている状況で、

なぜ、同じことをしていた彼だけが下がってしまったのか・・・?


スタッフ5名による深夜3時までの職員会議にて

いろいろな意見が出ました。


そして、最終的な結論は・・・・・・

 1.語彙力のなさ

 2.できた気になっていた

 3.スマホを持っていた

の3つです。

一つ一つについて、

詳しい内容と、私たちがとった対策をご紹介します。


1.語彙力のなさ

  国語の漢字の読みで「専ら」という問題がありました。

  この漢字は以前、あなたにも紹介した「漢字必勝パック」に載っている漢字です。

  もちろん、彼もできていたはずです。(あのときは・・・)

  しかし、間違っていました。

  そのことをある先生が、彼に指摘したときに、

  彼から思いもよらぬ言葉が・・・・

  先生「あれっ?○○くん、これって前よめてたよね!」

   彼 「そうでしたっけ?

     ところで先生、『専ら』って、どーいう意味?」

  先生「・・・・(意味わからず、練習してたんかい!)・・・・」


ほんの1例に過ぎませんが、

確かに、自立学習の時間にちょくちょく彼に

「なにかわからないことない?」

と聞くと、

「せんせー、『一定の体積』ってなんですか?」(理科の時)

「せんせー、『弾圧』ってなんですか?」(社会の時)

という質問が返ってきます。

つまり彼は、

「政府が国民を弾圧した」という文を読んでも、

弾圧の意味がわからないので、

それがよいことなのか悪いことなのかもわからないのです。

  
「飽和水蒸気量とは、一定の体積に含むことのできる水蒸気の量」

という文を読んでも、

それが何を言っているのかわからない状態で覚えようとしていたのです。


これは極端な例かも知れませんが、

あなたは大丈夫ですか?


社会の公民などは結構難しい言葉が出てきますよね。

日本国憲法の前文などは、

「日本国民は・・・・・・・

 ・・・・われらとわれらの子孫のために諸国民の共和による成果と・・・

 ・・・・自由のもたらす恵沢を確保し・・・その福利は・・・享受する・・」

けっこう難しい言葉が入っていますよね。

これらの言葉の意味が、不明確なまま覚えようとしても、

それは、円周率を覚えるようなもので、

単なる言葉の羅列になってしまうので時間がかかるし、

理解できません。


わからない言葉があったらすぐに辞書を引いて

意味を確認するようにしましょう。

もちろん、辞書を引くのは面倒だし、時間がかかりますが、

意味のわからない言葉を覚える方が

よっぽど時間がかかるし、忘れやすいので、

結局いつもの『急がば回れ』なのです。


<対策>

 3者面談の時に、お母様にお願いして

 安い電子辞書を買ってもらいました。

 毎日持ち歩かせて、

 わからない言葉が出てきたら調べるようにさせています。



2.できた気になっていた


毎日、授業の終了時に行うホームルームで、

「夢実現シート」というものを書かせています。

そこに、「今日1日勉強して、できるようになったこと、成長したこと」を

生徒に書かせているのですが、彼の実現シートにも

「水溶液の性質について、問題ができるようになった。」

「湿度の計算ができるようになった。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・等、

たくさんの、成長が確認されていました。

しかし、かれの『できるようになった』は、


『間違えた問題について、しっかりと解答を見て

何回も解答を読み返して

「なるほど、・・・こういうことか!」

と、理解した。』

ということでした。

残念ながら、これは『できるようになった』ではなく、

『できた気になった』です。


あなたの「できるようになった」は、どんな状態ですか?


私の考える『できるようになった』は、

「間違えた問題を、しっかりと復習した後、

2日〜3日後に、

何も見ないで完全に正解できるようになった。」

という状態が『できるようになった』です。


つまり、

実際のテストで本当に点数がとれるようになる状態ですね。


<対策>

 彼に、毎日の学習予定の中に、

 最初の90分を3日間の復習時間にしてもらい、

 まず、40分は「昨日の復習」、

 次の30分は「一昨日の復習」、

 次の20分は「3日前の復習」

 をするように義務づけました。



3.スマホを持っていた


中3生は、月〜土まで、毎日塾に来させて自習させています。

そうすると、スマホを持っている子は、

自動的に、夜、家に帰ってからそれらをいじり始めることになります。

いじると言っても、やることは

ゲーム・LINE・動画を見る・・・に絞られます。

塾で4時間〜5時間勉強し、知識を詰め込んだあとに、

これらをやっていたらどうなるでしょう・・・。


人間の脳は、あなたにとって最も興味のあることを最優先で

脳に取り込みます。

(これについては別の機会に詳しく説明しますね。)


4時間勉強して詰め込んだ理科と社会の重要語句

数学の解き方・英語の構文

と、

たのしいたのしいゲーム・友達とのLINE

おもしろいYoutubeの動画・・・・


あなたにとってより興味があるものはどちらですか・・・?

脳はより興味のある情報を優先して処理します。


残念ながら、数学の解き方は・・・・・・・

もう、記憶として定着する前にフィルタリングされてしまいますね・・。


しかも、

時間を決めてLINEをやる、ゲームをやる・・・、

なんてことが本当にできる人はいません。

途中でやめられないもの・・・。


<対策>

3者面談の時に、お母様に、

「買い与えた親の責任なので、親が責任もって処分してください。」

とお願いして、取り上げていただきました。


去年から一斉授業を完全にやめて、

自立学習のみにしたおかげで、

生徒の勉強の仕方、よい例・悪い例を

じっくりと観察する時間が増えました。


おかげで、いままで一斉授業だけの時には気がつかなかった、

細かいことに気がつくようになりました。


これも、脳の働きなんですよね・・・。


また、気づいたことがあればシェアします。

KAIRIN予備校 石田晴康



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?
今回のサポートメール。

我が家の息子には
携帯もスマホも与えていません。

本当に中学生にスマホなんて必要でしょうか?
「買い与えた親の責任なので、親が責任もって処分してください。」
親が子供のブレーキになっている一つの原因です。

しっかりと考えなければいけないですね。

子供にスマホを与えるぐらいなら
速読の技術を身につけさせたほうが何百倍も有意義です。

「プチ速読ホームスタディ講座」
定価9800円が9/29日まで特別価格7700円になっています。
誰でも簡単にたった60分で速読できる!





勉強に必要な栄養素足りてますか?
学習栄養サプリ【ラーニングアップ】

posted by ゆず at 07:57| Comment(0) | 開倫塾サポートメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。